365日の自分株式会社

ミレニアム世代が見えない価値を最大化するたの先駆者になる

『書評』イノベーションが少ない日本は『天才を殺す凡人』が多い

https://search.find47.jp/ja/i/plmNy/image_file?type=detail_thumb

 

YouTubeTwitterFacebookTikTokなど、今に日常に使われているサービスのほとんどが日本から生まれていない。これは紛れもないファクト。

 

イノベーションが日本から生まれない理由には義務教育が深く大きく影響していると思っている。

 

きっとこれから先も革命的、革新的なサービスが日本から世界中に広まっていくのは厳しいのではないだろうか?僕はそんな気がする。

 

だって天才を殺すのは凡人なのだから。その凡人は義務教育によって大量生産されてしまうのだと思う。

 

日本では今、企業が経営体制が大きく変化している。そう高度経済成長期から会社の旗振りしてきた天才経営者に変わり秀才と呼ばれる、エリートが旗振に変わろうとしているわけだ。

 

そこで天才を救うことができるのは凡人しかいない、一変なんの才能もないような凡人が天才を救うことができるというお話になるよ。

 

書評、この記事では天才を殺す凡人に書かれていることと、それらの本質が他の書物と同義に述べられていることをお話していきます。

 

この記事で書かれていることはコチラ

 

三者の関係性

 

生きていく上では避けては通れないのはコミュニケーション。つまりは言葉であり、書き言葉や話し言葉である。

 

しかしどれだけテクノロジーが進歩しても心だけは目に見えることができない。相手が何を感じ、どう思っているのか?という感情が心にはあるよね。

 

自分が『思っているコト』を相手に伝えることが上手な人、下手な人、苦手な人それぞれいると思う。ちなみに僕は苦手なタイプかな。

 

自分の想いや新たな企画をどれだけ正確に相手に伝え、共感させ、熱狂に巻き込むことができるのか?新しいプロダクトやイノベーションを起こすためには、人を動かすことが重要なマストになる。

 

しかし、自分の気持ちや考えを言語化し相手に伝えることは非常に難しく、再現性がなければ納得してもらうことができない。

 

イノベーションを起こす天才はこの再現性が足りない、、思いつきや自分の頭でひらめいたアイディアによって生み出される企画やプロダクト、それらをみんなにうまく伝えるスキルが天才には欠けてしまっているんだ。

 

世の中には大きく3種類の性格を持った人が存在する。

 

『天才』『秀才』『凡人』すべてが普通の人間であり、特別な生き方をしているわけではないから安心してね。

 

天才はいわゆる、イノベーションを起こす人、わかりやすくいえば起業家だったりするね。秀才と対立した意見になるか、秀才を上手く納得させられるのかによってその後のプロダクトが多きく変化してくる。秀才とは非常に仲がいいか最悪に悪い。そして以外にも凡人の気持ちを理解している。

 

秀才はエリートサラリーマン、高学歴で数字には強い人、法律をきっちり守り法律のなかで生きるからロジックが全てと考えるような人。天才の言っていることはわかるが、共感できず、凡人を見下してしまう。秀才は天才に尊敬しているが同時に嫉妬している。その嫉妬を克服できた秀才は天才の下でえっこらできる。

 

凡人は普通のサラリーマン、例えば営業職だったりするね、相手に共感したりするのが上手な人、そして共感を活かせる仕事をしている人だったりする。凡人は天才の考えや言っている意味があまり理解できない。が天才にはない共感性を凡人は持っている。

 

この三者のタイプの中で違うことは日常的に使う『言葉』なわけだ。

 

主語の違い

 

凡人は『自分や私』『あなたや我々』のようなチームなどを主語に使い言葉を話す、僕は〇〇だと思う。あの人は〇〇だったみたいな感じがわかりやすいかな?

 

そして感情で物事を判断してしまう。だから共感の中に生きる生き物なんだ。つまり、自分が、あの人が、『〇〇を好きか嫌いか』で何かを決めてしまうんだ。

 

『あの人が◯◯だから私も〇〇が好き』ってまさに凡人が言う言葉なんだ。僕はこの表現に妙に納得させられたよ。みんながやっていることが正しい。、義務教育そのものが芽を生やしたんじゃないかと。。

 

つまり、凡人は自分やチームが主体となって話をしようとする、『僕は〇〇だと思う』『みんながそうした方が良いと思う』みたいな感じ。でもそれってロジックがないから秀才には『?』しか浮かばなくなっちゃうんだ。

 

そもそも凡人は感情で動いてしまうし、『好き嫌い』で判断してしまっているから、秀才に話の本質を突かれると答えられないんだよね。

 

秀才は組織やルールを主語にする、例えばこの会社は〇〇だから、、こうするのが正しい、こうした方が利益が出ます。みたいな善悪で判断する。

 

法律や善悪で物事を判断する基準を持っているから『好きか嫌いか』で何かを判断してしまう凡人と中が悪いのはその為なんだ。それに秀才は共感性もない。スーパーエリートは仕事が終わればそそくさと帰っていくしね。

 

秀才が凡人のことを見下してしまうのは、この主語『軸』の違いが生んでしまっているわけだ。

 

しかし、秀才の中には『共感性』を持つ人もいる、俗に言う面倒見のいい先輩や良くできる手本となるような人がわかりやすいかな?

 

その人が唯一凡人と秀才をつなぐ人になり、会社組織が円滑に回っているんだ。だから、モテる人が秀才に多いのはこの為ってことが良くわかった。

 

天才は世界観や心理を主語として話す、天才にしか見えない世界観や存在があり、それは言葉で再現できないものが多かったりする。創造性は天才が持つ才能であり、それを表現することは極めて難しいんだ。

 

さらに天才は再現性がないから、自分のアイディアを秀才に理解させるのが困難になる。ここでつまずいてしまうと革新的なイノベーションは起きないというわけ。納得できそうかな?

 

秀才は小利口だから目に見えるものしか信じない、でも天才は目に見えない(アイディア)を相手(秀才)に伝えなければならない。

 

天才は創造的なアイディアを生み出すけど、それは”定義することができない”ものなんだ。つまり目に見えたり形にできないの。

 

秀才は再現性があるものしか信じない、数字や過去の経験、データとかね。でも天才のアイディアはそれらでは”定義できない”ものなんだ。だって目には見えない何かは天才にしか見えないのだから。

 

この壁を乗り越えただけ新しいサービスが日本からも生まれているんじゃないかな?

 

秀才は天才の言っていることはわかるけど、ロジックがないから好きになれず衝突してしまうんだ、秀才が自分のコンプレックスである、天才に対する嫉妬を克服し天才の右腕になれていれば、革命的なイノベーションが生まれやすくなる。

 

これらの三者が使う言葉も、共感性も想像勢も再現性も全て才能というわけで、その自分の才能をしっかり理解しなければ組織の中で活躍することは難しくなってしまうんだ。

 

そして、その才能は君だけの武器になるよ。

 

経営の意思決定は多数決を軸にしてはならない

 

この本の本質である『天才を殺す凡人』という言葉はこのタイトルに尽きると思う。

 

当たり前だが天才<<<<<<<凡人の方が多いよね。

 

ここで多数決をやったらどうなるだろうか?そう、凡人が勝ってしまうわけだ。そうするとどうだ?イノベーションは凡人によって殺されてしまい、世の中に出てこなくなってしまうね。

 

でもどうだろう、”凡人が多いから”多数決で判断しちゃいけないわけじゃないんだ。凡人は共感性で簡単に評価を変えてしまう人だからダメなんだ。

 

わかりやすく言えば、なんとなくで判断しちゃう人。あの人も手を上げていたから、私も。。みたいな感じね、

 

共感を軸にしたコミュニケーションは最強に強い、しかしこのようなリスクも存在していることを忘れていけないよ。

 

このなんとなくで経営を意思を決定しちゃいけないし、判断材料にしてはならないということになるね。

 

イノベーションの定義 

 

そもそもイノベーションってなんだっけ?君はそんなこと思っていなかったかな?

 

イノベーションが起きる場所には『組織の飽き』『世の中の余白』が存在しているんだ。

 

それが革新的な事業を生みイノベーションを起こす引き金になっているよ。

 

組織の飽きって、つまり会社がつまらない!ような感じやだったり、学校の授業がすでに理解していてつまらないみたいな感じね。

 

つまり、古いことをやっていたり、時代に沿わない方法をしていると『飽き』が生まれその飽きてしまったことにより、天才が新しい革新的なサービスを生むというロジックになるよ。

 

天才にとって『飽き』はとてつもない苦痛だ。だから学校でも消しゴムを投げるし隣の女の子のお尻を触ったりするよね。

 

じゃあその天才を殺すのは誰か?”先生”だ。みんなと同じようにしなさい。って言う感じ。

 

これが義務教育でイノベーションを生むはずだった少年の芽を咲かせることができないまま、普通の凡人を量産してしまっている原因だと僕は思う。凡人が悪いわけじゃないよ!!←ここ大事

 

天才は飽きの中では生きてはいけない生き物なんだ、天才にとっての活力は好奇心であり探究心だから、とにもかくも創造的な中で気になったらなんでもやってみる。ことだからね。

 

でもそうすると必ず失敗する、あれやこれや何千回も挑戦し失敗した中の1つだけがたまたま成功し、エジソンが発明した蓄音器のようなインーベーションが誕生する。

 

しかし、秀才は違う、科学の中で生きているって話は覚えているかな?科学の良いところは『検証可能である』ことなんだ。つまり科学は再現できるよね。

 

秀才は科学を知っているけど、勘違いしてしまっているね。その科学は天才によって作られているんだ。

 

と言うことは、秀才は科学という教科書しか知らないわけだ、ここで失敗した経験がないってロジックが成り立つね。

 

そうしてイノベーションは天才を秀才の才能を併せ持つエリートスーパーマンによって実現されていくことになる。

 

エリートサラリーマンはもうわかるよね。。20代で取締役をやっていたりするような、早熟タイプの人だ、自分の才能を理解し、その中で武器を上手に使える人。その支え無しには誕生しない。それがイノベーションなんだ。

 

まとめ

 

そろそろ長くなってしまったので、終わりにしようと思う。

 

才能と武器の話だ。本文中で最後に語られていることがある。

 

才能があっても武器を鍛えなければ世の中に才能を認知できない

 

僕らは自分の才能をしっかり理解した上で、『強力な武器』を鍛える必要がある。

 

強力な武器とはなんだろうか?小さな子供はまだピアノを引くことができない。つまり、自分の才能を世の中に表現しやすい方法が武器になるわけだ。

 

だからこれを読んでいる君には自分の才能をしっかり理解した上で強力な武器を鍛えて欲しい。鍛えなければ武器にはならない。

 

才能の有無にフォーカスせずに、自分のストッパーを外し、配られたカードを恐れずに使おう。

 

カードは武器だ、いつまでも出し続けよう。恐れず使おう。

 

そうすれば過去最高な自分に巡り会うことができる。

 

今回の書評はこちらの本です。

 

おすすめ記事はこちら

www.libertatis-imagine.com

www.libertatis-imagine.com

www.libertatis-imagine.com