365日の自分株式会社

ミレニアム世代が見えない価値を最大化するたの先駆者になる

マイカーは『負債』だから20代はボロボロの車を買いなさい

ある書物を読んでいてとても勉強になったので紹介します。その本はコチラ

 

意外と知られていないのが、マイカーは資産ではないという事です。

 

https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcQfaIvaxsB1qHJ0fwIfXPZl17y0JMVwSp4_JmZFxKcfJoNreCzl

 

大丈夫、僕もよくわかっていませんでした、、、『資産』と『負債』の違いなんか

 

 

ココではマイカーを新車で買わない方がお得な理由と、ボロボロな車を選んだ方がいい理由を元整備士の目線を踏まえてお伝えします!

  

なぜマイカーは資産ではなく、負債なのか、憧れのマイカーなのに中古を勧められるのか?疑問に思う方がほとんどではないのかなと、、

 

社会人になったばかりのあなたから、20代後半のあなたに向けて書いています。もちろんその他の方でも十分理解できるようになっていると思います。

 

マイカーは負債の本当の理由

 

まず負債の意味を簡単に説明するとココでは『支出』であるからです。

 

車に掛かるお金を冷静に計算された事はありますか?

 

『ガソリン代』『自動車税』『自動車重量税』『任意保険料』『自賠責』『自動車取得税』『駐車場代』『車検代』『整備維持費』『割賦』

 

 これらの10個内で新車でも中古車でも最低5つは支出が発生しているんです。

 

支出が多いという事はそれだけお金が必要であり、その分は働いて稼がなければなりません。

 

つまり毎月かかるお金が車を所有しているだけで発生しているんですよ!!

  

その分便利な移動手段にはなりますけど、お金もそれだけ掛かっているという事なんです。

 

お金持ちがいい車に乗っているわけ

 

お金持ちに見える人たちがなぜ、いい車に乗っているのか不思議に思ったりしたことはありますよね〜僕もずっとそうでした!

  

でもこの業界に足を踏み入れたら見えなかったものが見えるようになり『なぜあんなにも高級な車ばかり何台も所有できるのか』わかるようになってきたんです。

 

ほとんどのお金持ちは『自分のお金で車に乗っていません』

 

車は彼らが属する『会社』の車であることがほとんどだと思っていいでしょう。つまり車検証に記載される所有者は会社名で、個人の名前ではないということです。

 

ローンを組んだ時、ローン会社の名前が所有者になるのをイメージしてもらえたらわかりやすいかと思います。

 

その理由の一つに『会社の経費』と『税金』の問題があり、節税対策で乗られている方が大半を占めているからです。

 

つまり、会社の経費で高級車に乗っている事が多いという事です。

 

もちろん個人所有で高級車に乗られている方もいると思いますが、、、、よっぽど車好きでない限りお金のカラクリを知った方が『なぜその方が良いのか』わかると思います。

 

ボロボロの車を買った方がいい理由

 

夢のマイカーだったはずなのに『なんでこの人ボロボロの車買えって言ってんだ?』と思った人も多いですよね、、カラクリをお話しますね。

 

まず、新車には『自動車取得税』が必ず発生します。※車体金額によって様々です。

 

これは取得した時に発生する税金です。

 

それがほとんどの中古車にはありません。※新車から3年未満の高級車の一部には残っている場合があります。

 

僕が以前購入した中古車には取得税が加算されましたww

f:id:akaheru-d:20180813111856j:plain

 

1年で手放しました。これから話すカラクリがわかってきたので、、笑

  

いい勉強代になったと思っていますww

 

またボロボロの車を購入した場合『任意保険』加入時に付帯の車両保険に入る必要がないため維持費を安くできます。

 

 

もし事故に遭ってしまっても、その修理費より時価車体金額が低い事がほとんどだから保険に入っていて保険料をペイできる事が少ないのが現実にあります。

 

ボロボロ車の実際例

  

例えばボロボロの車を20万円で購入したたとします。この車がどれだけボロい状態でも動かなくなったとしても売る時の値段は最低2万円にはなるのです。笑

 

ちなみに事故をした場合の修理費20万円は普通にある金額帯です。車体金額より修理費が上回るケースは珍しくありませんので売却がマスト。

 

それでも2万円にはなるので、、

 

ここでなぜ2万円になるのか疑問に思った人も多いと思いますが、どんな車でも必ず2万円で引き取ってもらえるサービスが存在があるからです。

 

ちなみに何事もなく乗りつづけていられれば、2年目には20万以上の価値は十分に取れたと思っていいでしょう!笑

 

つまり、売却値が最低値の2万円でもマイナス18万円の損失だったということになります。

 

たった18万円の損害で済む訳なんですが、これが新車だとどうでしょうか?

 

新車の実際例

 

例えば300万円の新車を5年乗った場合、ほとんどの乗用車は減価償却率表すと20〜50%の価値しか残らないとされています。※50%はほんの一部

 

つまり5年後には60〜150万円ほどの価値しか残りません。『そりゃ資産だからそうだろう』という意見も十分にわかります、

 

しかし普通に5年乗っているだけで価値が無くなってしまうんですよ。。。ボロくなくても

  • それに新車を購入しただけで払いたくもない税金
  • 事故した時のショック。
  • 喜びのつかの間に乗った瞬間始まる値落ち

新車はお金と引き換えにこれだけの損失があるんです。つまり『負債』になる元です。

 

諸費用の比較

 

ここでボロボロの車と比較して新車がどれだけのお金が掛かるのか先ほどの『』の数で表してみます。

  • 新車は7個
  • 中古車は5個
  • これに駐車場代と車検、整備は含まれていません

『ガソリン代』『自動車税』『自動車重量税』『任意保険料』『自賠責』『自動車取得税』『駐車場代』『車検代』『整備維持費』『割賦』

 

これで新車にいかにお金を吸い取られるのかお分かりになれましたか?

 

これを会社所有で高級車の乗ってる人もいれば、個人所有で少ない給与から支払っている人もいるということなんです。

  

なぜ20代に向けて書いたのか

 

多くの20代では給与がまだ少なく経済的余裕がないにも関わらず、大きな負債である新車の購入をもう一度考えてもらいたかったからです。

 

20代のうちに借金400万抱えた人の話はコチラで書いています。

 

www.libertatis-imagine.com

 

会社の経費で乗っているのは、税金が引かれる前のお金から補えているからなんです。しかしサラリーマンの給与は様々な税金が引かれた後の綺麗なお金。

 

リテラシーがある方はもうお分かりになってるかと思いますが、自分のお金で高級車に乗る事は自分で首を絞めているだけの場合が多いです。

 

それでも、車好きというのであれば全く止めるつもりはないです!僕も好きなので気持ちはわかりますw

 

若いうちから借金や負債を背負うということは今後の人生で大きな荷物にしかならないという事をお伝えしたかったのです。

 

つまり、今後働いていくうえで『自分を苦しめるのが車』であって欲しくないのです。

 

新車を買って家を建てて子供が産まれて、支出は増えるのに収入は会社の給料だけ。

 

年功序列で、役職はもらえず、営業を夜遅くまで頑張る生活がまっているかもしれません。

 

この記事を見ていただいたあなたにはそうなって欲しくありません。

 

もっと有効なお金の使い方があると思うので考えてみてください。