365日の自分株式会社

ミレニアム世代が見えない価値を最大化するたの先駆者になる

映画『ボヘミアン・ラプソディ』をクイーン好きは観るべき

普段全く映画を見ない僕が、Instagramでたまたま見かけた動画広告がきっかけとなってどうしても観たいと行ってきました。

 

 

ちなみに家ではテレビすら見ないし、そんな僕がどうしても見たいと思いました笑

 

 

まあ伝説のバンド『Queen』のお話ってことです、どのように誕生しデビューしストーリーがあったのか知る事が出来ました。

 

 

https://sociorocketnews.files.wordpress.com/2018/11/queen_01.jpg

  

なぜ見たいと思ったのか僕にもわからない、とにかく類にないストーリーだったように感じました。映画内でバイセクシャルとか初めてでしたw

 

 

『ドンドンパッ』

 

 

そしてまだ見ていない人は時間を作って観てもらいたいと思ったのも事実、だからこうしてブログのネタとして書いています!

 

 

 

 

こんな人は是非観て欲しいと思っています。

 

 

僕を含む多くの20代が直面している課題などそのまま表現されており、何が正しいとかではなく『どうするべき』なのか映像内で読み取ることができました。

 

 

周りに合わせるのに疲れた人

 

僕もその一人です。自分の周り友人、家族、会社の人に合わせるのに疲れてしまいました。

 

 

本当の自分の考えや意見を偽って生きてきたり、本音を言ったことがないような人は本映画で自分が本来あるべき姿を理解できるのかなと思います。

 

 

僕は、周りに合わせたりするのが嫌いですし、言いたいことは言っていますが

 

 

時々『これで良かったのか?』と振り返ることもあります。

 

 

今でも思い返すことはありますが、この映画を観た後はすっきり解決し過去の事はなんとも思わなくなるでしょう。

 

 

自分の意見や考えを伝える事、でも周りを大切にする事。そうすれば自分をさらけ出しても周りの人は受け入れてくれます。

 

 

自分のありのまま生きる。本来それは人があるべき形なのかもしれません。

 

 

個性をコンプレックスと感じる人

 

フレディ•マーキュリーは個性に溢れているが、彼も以前はコンプレックスの塊だったのは映像内で見ていただきたい。笑

 

 

それを克服したのも彼自身の生き方があった、だからコンプレックスのある人は見るべき価値がある映画なのではないかと思う。

 

 

コンプレックスを向き合いどうすれば克服できるのか。

 

youtu.be

 

少しだけお話したいが、こちらのPVで我慢して欲しい。

 

 

youtu.be

 

 

これからどうやって生きていこうか悩んでいる人

 

現状の生き方に不平不満を感じたり、不安に思っていたらきっと勇気をもらえます。

 

 

映画内でも、個々の大切にするものがバラバラでも何か一つの事を成し遂げるには仲間の力が必要であると伝わってくるでしょう。

 

 

今のやっている事が正しいかわからなくなったら、一旦離れてみるか、とことん突き詰めてみる事が大切だと思う事が出来ました。

 

 

そして、一緒に走っている仲間を大切にする事。

 

 

どうやって生きていくかではなく、どうすれば理想に近くのか?思い描く自分になれるのか?考えるのではなく、行動することやってみる事が大切です。

 

 

そして、信念は決して曲げない事、自分のやっている事を信じ自信を持つ事。

 

 

最近多くの著名人が言っている事と同じものを映画から感じる事が出来ました。

 

 

それは『好きな事を突き詰めるとそれが仕事になる』そして大衆を動かす事ができる。

 

 

自分の可能性は無限に広がっていると感じる事ができる映画になりました!

 

 

まとめ

 

フレディ•マーキュリーは享年45歳で亡くなりました。病名はエイズ

 

 

そんな彼が亡くなった後の話が話題になっていたので共有します。

 

 

 

何度も鳥肌が立ちました。

 

 

今まで聞いていたQueenの曲に込められた想いが伝わってきたようにあなたにも届いて欲しい。