365日の自分株式会社

ミレニアム世代が見えない価値を最大化するたの先駆者になる

銀座でスーツ作ったけど、時間がかかり過ぎて足が棒になった

銀座に三店舗も展開し広告などでよく見かける、セミオーダースーツの専門店で3ピーススーツを作ってみたが、時間がかかり過ぎて足が棒になった話をしています。

 

素人にはよくわからないまま話が進み、言われるがままお高いスーツを注文してしまった話を赤裸々に告白。

 

https://www.global-style.jp/wwp/wp-content/uploads/2017/02/shinkan3.jpg

 

 

オーダーのスーツを作ったことのない人は僕を含め、スーツのいろはを知らない何もわからない素人なんじゃないかな〜

 

何が出来て、どんなオプションがあって、何を決めなければならないのか?

 

何もわからないけど、オーダーのスーツは作ってみたいという興味のある方も多いのではないかと思います。

 

そんな方に向けて書いています。一度オーダースーツを作ったことがあるような方には向いていない記事だと思います。

 

何を決めて行くべきか?

 

何も決めないまま『ふわぁ』とした考えでいざ行って『作りましょう』と言っても何時間経っても作り終える事ができないことになるでしょう。

 

そこで、オーダースーツを作りに行く前には、ある程度のデザインと予算を決めておくことが時短につながるので紹介しますね。

 

雑誌やネット上にあるモデルが着用しているコーデを保存、スクショしておき、お店に行った時にスタイリストに見せると話が早くわかりやすく提案してもらえますよ。

 

こんなデザインが良いと思う写真というわけか

 

というのもある程度のデザインが決まっていないと生地を選びながら頭の中で想像して自分好みのスーツを作らなければならないので時間がいくらあっても決められません。。

 

なぜなら生地の種類が無数にあり決めることができないからです。。

 

そして、スーツ選びで1番楽しく盛り上がるのが生地選びが、優柔不断な僕は生地の種類が豊富過ぎて選ぶことができませんでした。。。笑 

早く決断するために必要なこと

 

僕はこれらを決めないまま作りに行ってしまい、時間が無駄に過ぎ去っていきました。

 

つまり下記のことを決めておけば早く決めることができるはずです。

  • 予算を決めていなかった
  • 生地のカラーを決めていなかった

 ということがあり、僕は初回の来店時にはタイムオーバーになってしまいました笑

 

あほやん笑

 

などの失敗談から、僕と同じ失敗をしない為にもあなたにはこれらを決めてから行ってくださいね。

 

  • 予算を決めておく

  • 黒系なのかグレー系なのか?スーツのカラーを決めておく

  • 着用シーンはいつなのか決める

 

上記の三点を決めてからスーツを作りに行くとスムーズに作れます!

 

https://www.global-style.jp/wwp/wp-content/uploads/2017/02/shinkan2.jpg

 

詳細の決め事

 

まず全体の予算は必ず決めておいた方が良いでしょう、というのも生地の金額でスーツの9割の金額が決まってしまうので予算から生地を選んだほうが効率が良いからです。

 

それ以外は、ボタンや裏生地などこだわりがあれば課金するシステムです。

 

特に初めてスーツの方などはスタイリストさんにあらかじめ予算を伝えておき、その予算で色んな提案をしてもらいましょう。

 

そうすることで、自分の思い通り以上のものが出来上がると思います。

 

また、ベースとなる生地の色を決めておくのは鉄則でしょう。

 

大体の人が決まっていると思いますが、お店に行くと本当に様々な生地があり『え、やっぱりこっちがいい』などなったりすることがあります。

 

何百種類とあるからな〜

 

黒系なのかグレー系なのかカーキ系なのか?

 

色の種類を絞ること、予算を決めておくことで選べる生地のバリエーションが絞れます。

 

色や触り心地、質感や光沢など何種類かの生地を選んで金額を見ると、『いいなぁ』と思う生地は10万円を超えていたりします。笑

 

最後は着用シーンです、毎日の通勤で使用する目的であるのならばあまり良い生地を選ぶ必要はないと思います。

 

毎日着るものは劣化や痛みの進行が早い分、丈夫な作りにする必要が出てくることがありますし、パンツを二本にしたりすることもできます。

 

普段はスーツを着ないけど月に数回着るという人や結婚式に着るという人まで、シーンや用途に応じ様々なシーンに対応できるのが魅力かな〜

 

カジュアルな着こなしから、礼服などシックのものまでスタイリストさんに伝えることで体型に合わせて調整してくれますよ!

 

予算がなく、本当にこだわって作る人もいれば○○円以内で作りたいと思う人まで様々対応してもらえるのがグローバルスタイルのいいところですね。

 

まとめ

 

しかし、それゆえ親切なところだけではないです。

 

本当にいろんな選択ができるのだが、実際に手に取ってわかるモノが空少ないです。

 

特に『初めてスーツを作るよ!』って方は感じるかもしれません。

 

例えば僕が作ったスリーピースのベスト種類だが全部で4種類あるらしいのですが、

 

スタンダートという種類しか店頭には置いておらず、他の種類を見ることができないことがありました。

 

提案はしてもらえるものの、シルエットの違いや着心地がわからないので決めることができないですね。。。

 

もし店頭に置いてあり実際に見たり着たりしたらそっちを選んだかもしれません。

 

目で見てわからないモノは実際に怖くて注文出来ないと思うんです。

 

このように様々提案はしてくれますが、実際に類似の商品が店頭にない為確認することができない部分がいくつかあるのが気になちゃいました〜

 

僕が実際に訪れた銀座新館だけなのか、それともその他店舗でも同じように扱って入るが店頭に置いていないということなのか定かでありませんが。。

 

お店側も提案する商品を店頭に置くことで話を優位に進め購買まで話を進めることができると思うので、ぜひ商品を置いて欲しいとおもいますけどね笑

 

特にデザインのオプションなどは頭の中では想像することができないものなので、、

 

例えばワイシャツの滑り止めゴムがオプションで1000円になります。という話はよく聞く話で頭で想像できると思うのですが

 

ジャケットのVゾーンのステッチをどうされますか?と聞かれ想像できる人は普段スーツを着こなしているか、それ相応に詳しい人ではないでしょうか?

 

つまり素人でもわかる理解できるような商品を置かなければダメではないのかな?!

 

多くの新規顧客を取り巻く環境にいる中で、誰でもわかることが1番重要になってきますよね!

 

リピートしたいと思った時に、もう一度訪れたいと思えることが大切かなと思います。

 

このようなことから、初めてオーダーのスーツを作る方はグローバルスタイルではなく他のお店に行ってみるのもありですね。

 

ある程度知識があるという方は是非グローバルスタイルで作ってみては?!

 

『俺は安いのでいいよ』という方はコチラ

 

【Suit ya】 オーダースーツをネットで注文|すべて29800円、追加費用なし