365日の自分株式会社

ミレニアム世代が見えない価値を最大化するたの先駆者になる

『24時間テレビ』チャリティーと言って高額ギャラになる問題

今年もこの時期が『24時間テレビ』やってきました。

 

毎年出演者らに支払われる高額なギャラ問題

 

チャリティーと謳っておきながら、いったいどれほどのギャラをもらっているんだろうか?

 

 

 

 

色んな意見があると思うが、リアルな数字なんて言っているのはほんの一握り。

 

まあ、チャリティーだからって何でもかんでも無償でやる奴はいないだろう。

 

考えて欲しい、道端で募金活動している人がいても『毎年1回は募金しよう』と思ってる人は少数なんじゃないかと思う。

 

 

それならば、平等に全員ノーギャラでいいんじゃね?と思う

 

いや考えて欲しいスタッフは無償で働かないだろう?それも24時間もだ。

 

24時間無償で働くというのは、24時間ボランティアと考えられる。

 

 

 

結局のところギャラがうんぬん、チャリティーうんぬんじゃなくてみんなが幸せならいいんじゃね?

 

高額ギャラを提示するのはTV局側であるし、出演者までギャラ交渉しないでしょうw

 

金額ではなくて、チャリティー番組として成立し1人でも多くの人らに感動を与える番組作りにしていけばよいのではないか?

 

今年もまた同じ問題が起こると予想できるが、TV局側も対策しなければならないよね