365日の自分株式会社

ミレニアム世代が見えない価値を最大化するたの先駆者になる

『低温調理器』Anovaで作る激ウマサラダチキンの極秘メソッド

この記事では低温調理器を使い自宅で簡単にコンビニのように柔らかくパサパサしないサラダチキンの作り方メソッドを紹介しています。

 

https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcT_av8STEkZiLYDS7-01AeiqLHvrOGX74khhgaeM07MSEvBrShT

 

自宅で色々な方法で調理したけど『硬くなりすぎてしまった』『パサパサする』という悩みに対しなぜそうなるのか?を解決できる内容になっています。

 

 

内容は5分程度で読み終わるものになっているので調理前にサクッと参考にしていただければ幸いです!

 

調理器の紹介

 

低温調理器としては有名なANOVAですが何より値段が高いのが一番の特徴ですよね笑

 

類似品がアマゾンや楽天で1万円前後で購入できるにも関わらず、ANOVAは2万円弱もするのがネックという人も多くいるようです。

 

価格相応の機能としてBluetoothなど(Iot)も充実していますが使いこなしている人はいるのかなと思ってます笑

  

変なこだわりがある僕は高額なANOVAを購入してしました笑

 

 

僕がANOVAを購入した目的は自宅でサラダチキンを簡単に作ることができるという理由からです。

 

サラダチキンはコンビニで買うと、200円前後しますし正直コスパが良いとは言えないと思っていました。

 

毎日1つ買っていたらサラダチキンだけで毎月6000円も費やすことに気づいたので、自宅で簡単に作ることができる低温調理器を買って作ることにしました!

 

 

調理時に鶏肉の温度管理をしないとパサパサした鶏肉になったり、ただ硬い鶏肉になってしまい美味しく食べる事ができなくなってしまいます。

 

 

そこでコンビニのように作りたかったので低温調理器の購入をすることにしました。

 

機能はこちらの性能で十分だと思いますが、正規ルート(販売店)で購入しないと保証などのサポートが受けられないみたいなので注意してくださいね。

 

ネットで転売品が販売されているのもあるようです。

 

f:id:akaheru-d:20181223163616p:plain

 

鶏肉の性質

 

『なぜコンビニのようなサラダチキンが作れないのか?』と悩みを抱える人は多いですが、それはサラダチキンの元である鶏肉の性質を知らない為だと思います。

 

鶏肉を調理したことのある方は知ってる方も多いのではないでしょうか?

 

鶏肉は火の強さだけではなく、調理時間や鶏肉自体の温度によって、調理後(食べる時)の硬さに違いが出てくるということです。

  

例えば、油が引かれている熱したフライパンに鶏肉を入れて焼く場合と、冷めた状態のフライパンに鶏肉を並べて焼き始めるのでは、焼き上がった時の肉の硬さが違うという経験をしたことはありませんか?!

 

鶏肉は急に熱が入ると、一気に硬直し縮み始めてしまうんです。

 

当然、あつあつのフライパンにいきなり鶏肉を入れるということはパサパサな鶏肉を作っているのと同じになります。笑

  

鶏肉が縮み硬直するとパサパサしてしまうので、非常にまずく食べたくなくなりますよね、、、

 

経験のある方も多いのは、パサパサしたり焼く前より鶏肉が小さくなっているのは熱の入れすぎによるもので、水分が蒸発してしまっている状況になるからです。

 

コンビニでっているサラダチキンはパサパサしていなければ、硬いということもないと思います。

 

コンビニのサラダチキンも全て、鶏肉の調理の段階から研究し尽くされて製造されているということになります。

 

鶏むね肉の調理法

 

では硬直せず、縮まずに調理するにはどうしたらいいのか?お話していきます。

 

結論からお話すると、温度を一定に保つことが必要不可欠です。

 

つまり食材の温度管理ができる低温調理器が必要になる結論になるんですね。

  

しかし、低温調理器がなくともサラダチキンを作ることはできます。

 

鶏肉の硬さ(旨さ)まで調節(管理)しながら調理するのは非常に面倒で不可能に近いのですがクックパットなどを参考にしていただければ詳しい調理法が記載されています。

 

【みんなが作ってる】サラダチキンのレシピ【クックパッド】

 

ここから先は僕が実際に行なっている低温調理器での作り方を紹介していきます。

 

何度も試行錯誤を重ねやっと辿り着いた作り方になるので、ぜひ一度試してみてください。

 

作り方

 

自宅で簡単にサラダチキンを作ることはできますが、温度管理がしっかりできているということが絶対条件であることを忘れないでください。

 

ANOVA起動後あらかじめ設定した温度まで水温を自動的に温めてくれますが、

 

下処理を終えた鶏肉を熱湯に投入した後、食材との温度差によって水温が下がってしまうことがネックになっています。

 

では対策として何をすれば良いのか?

 

あらかじめ調理したい温度より高めの水温の状態を作り上げることで、例え水温が低下しても調理したい温度内で時間を計測することができます。

 

水温が一度下がってしまうと、設定した水温に上昇するまで時間がかかってしまうので、その分タイムロスとなり余計に熱を入れなければなりません。

 

そうすると長く余計に調理することになるので、鶏肉が硬くなり縮む原因にもなるので気をつけるべき点になります。

  

f:id:akaheru-d:20180812220007j:plain

 

これは調理する前、鶏肉であれば61℃〜65℃くらいがベストです。※個人差あり

 

僕の場合は調理温度を61〜63℃で調理していますが、お腹の弱い人や心配な人は65℃以上で調理するのが良いと思います。

 

しかし調理温度が65℃以上では水温が上昇するに連れ鶏肉がどんどん硬くなるのでこの温度がベストでしょう。

 

調理時間は鶏肉の厚さや多さによって変わってきますが、60℃以下での調理は菌が死滅しないので厳禁です。

 

必ず60℃以上で1時間以上の加熱をしなければなりません(菌が死滅する温度が60℃以上です。

 

60℃以下ではカンピロバクターという菌が死滅せず食中毒になってしまう危険性が高いので注意してください。

 

余談ですが、僕は一度焼き鳥で当たりカンピロバクターになって苦しい経験をした事があるので気を付けて調理してます笑

  

色々研究した結果、63℃で1時間という調理時間がベストであるという事がわかりました。

 

f:id:akaheru-d:20180812220030j:plain

 

下味をつけジップロックのような密着できる真空パックにいれ、鶏肉を常温まで戻します。

 

ANOVAは高めの『65℃に設定』これだけの鶏肉を一気に入れると水温が下がる為初めは温度を65℃と高く設定しておきます。

 

鶏肉を投入した後は、63℃に設定変更し1時間放っておけば完成です。

 

大事なのはジップロックに入れた後に真空の状態にする必要があるということ。

 

真空にすることで湯熱でしっかり調理することができますが、真空でない場合は湯熱が鶏肉の芯まで伝わらず生の状態になる危険性があります。

 

真空に不安な方は調理後の食材長期保存も可能になる真空シーラーという真空機がアマゾンからも販売されてるので使ってみるのもいいでしょう。

 

まとめ

 

まとめると以下のようになります。

  • 鶏肉は常温に戻す
  • ANOVAの設定は初めは65℃
  • 鶏肉投入後は63℃に設定温度を下げる
  • 63℃で1時間待つと完成

 

おさらいですが鶏肉の調理に基本は温度管理になります。

 

鶏肉が嫌いと思う人には『パサパサする』『口が渇く』などの理由を多く聞くことがありますが、全て調理によるものと思ってください。

 

徹底した温度管理によって美味しい鶏胸肉の調理ができるでしょう。

 

また低温調理器ではサラダチキンだけではなく、ローストビーフやその他の肉類をレアで調理することも可能になります。

 

安いお肉でも、低温調理をすることで加熱を最小限に抑えることが可能になるので硬くならず美味しく調理することが可能になります。

 

f:id:akaheru-d:20181223171818j:plain

 

今回紹介した低温調理器は↓

 

温度設定ができる商品はコチラ

【低温調理器】欧米で人気 BONIQ ボニーク (黒)

 

ANOVAはコチラ

Anova Precision Cooker - 低温調理器

 

 

高タンパクな食品を手軽に摂るにはプロテインもあり、マイプロテインがキャッシュバックを始めました。

www.libertatis-imagine.com

www.libertatis-imagine.com

www.libertatis-imagine.com

 

 

関連記事はコチラ 

www.libertatis-imagine.com

www.libertatis-imagine.com

www.libertatis-imagine.com