365日の自分株式会社

ミレニアム世代が見えない価値を最大化するたの先駆者になる

専門卒が仕事やめたら転職は厳しい

https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcSsvJfjUf7j_j_13_BOoixWf4SRINeCrQTaOpw3GvBpeyP7Unrr

 

この記事は専門卒であるあたなが、キャリアチェンジを考えている時あることをしていると他者と簡単に差別化できる、転職活動を始めるうえで必要な知識をお話してます。

 

はじめに、これは僕の経験談を踏まえ書いた記事であり同じような悩みを持つ人に向けて必ず参考になる内容にしました。

 

現状、専門卒の転職は厳しいです。しかしそこまで悲観的になる必要はありませんので安心してください。

 

専門卒でも転職活動するうえで、どのような行動をすれば自分の価値を最大化できるのか具体的な行動を示す内容になってます。

 

専門卒で転職を考えてる人に向けてこのようなことを書いています。

何を意識して今を働かけば良いのか?

社会人になってからの勉強が大事

自分を知ることが大切

 

 

この記事は5分くらいで読み終わる内容になっていますが、非常に濃い作りになっていますので、時間をかけてお読みください。

  

世間にあなたはどう映る

 

学校では専門分野に特化したことは学ぶけど、残念ながらそれ以外のスキルなどは学ぶことができません!

 

保育士を例にあげると、保育士の資格を取るための勉強はしますが”word” ”Excel” ”パワポ”といったWeb上に関するスキルの学ぶことはないと思います。

 

残念ながら普通の枠組みであれば、『wordもExcelも使用するような仕事はできないよ』ということを世間の目では見られています。

 

保育士でなくとも専門学校を卒業している場合、一般的にそのような目でみられていることが多いです。

 

つまり、専門卒から転職を考えている場合、学歴を重視している職種、業種に転職する事は非常に厳しいという事なんです。

  

専門卒では専門分野以外のスキルは持ってないんだよね。と一般に世間ではみられています。

 

転職活動において、主観的な姿やスキルよりも客観的にみたあなたの価値(持つスキル)を面接官にアプローチする必要があります。

 

転職するうえで何を学ぶのか

 

今の仕事を変えようと別の業界、職種への転職を考えた場合、持ち合わせた汎用性の高いスキルがないので4大卒と比べて非常に不利になることは当然なことかもしれません。

 

彼ら彼女らは4大卒という肩書きがあり、専門卒にはないものを持っている為です。

 

そこで同じ専門卒の人と差別化する為、意識するべき事は、何かを『学ぶ』ことです。

 

社会人になると、勉強をする機会は全くと言っていいほどなくなります。(0といってもいいでしょう。

 

 

その中であなた自身が多くモノを学び吸収することで、同じ専門卒として働いている友人や同期、先輩や上司と知識やスキルが転職市場で差別化ができるようになります。

 

興味あることを自主的に学ぶことで、同じ業界で働く人たちとは簡単に差別化でき、あなたの価値は転職した後に大きなものに生まれ変わります。

 

僕は整備士をやりながら、Webデザインやライティングなどのスキルを学びながら、当ブログを運営しています。

 

整備士の専門学校を卒業していますが、パソコンを使いライティングやサイトデザインの基本スキルを習う授業は1つもありませんでした笑

 

しかし毎日の仕事が終わった後でも、夢や目標を叶える為に諦めずコツコツ続けた結果、独学でも収益を生むことができました!

 

www.libertatis-imagine.com

 

これを読んだあなたが、本気で転職を考えているのであれば何かを学ぼうという姿勢が非常に大切になってくることは、僕が体感したことでお伝えできる部分になります。

 

時代は売り手市場

 

今日の転職市場は売り手市場といわれており、業界全体的に人手不足になっているため、転職によって年収が下がることは少ないかもしれません。

  

しかし売り手市場だからと、企業は誰でも人が欲しいという訳ではないはずです。

 

人材育成には、何百万も投資しなければなりませんから。ミスマッチが起きてしまい数ヶ月で辞められてしまっては、ドブにお金を捨てるようなものです。

 

これを読んでいるあなたもキャリアチェンジを考えるうえで、数ヶ月で辞めるような企業に転職したくありませんよね。

 

だからこそ、自分の強みを持つ事が大切になってきます。

 

そこで自分の強みとして学んできたスキルや、業務に活かせる何かを、最大限にアピールすることが出来れば、年収も下がることなくいい転職ができるようになります。

 

専門卒なのに、Webデザインできるの?英会話できるの?TOICE 600点持っているの?というような目に見えるようなスキルを持つと尚、協力な武器になります。

 

自分の強みと市場価値を知る

 

自分の強みとはなんでしょうか?!しっかり理解することができていますか?

 

自分のスキルがどの転職市場(企業)にマッチして、活かすことができるのか?把握することがあなたと企業側のミスマッチを防ぐことに繋がります。

 

転職活動を始める前に、現職で培ったスキルや学んできたことが転職先の『どこにどのように活かせるのか』自己解析することで必ず見えてきます。

 

自己解析は大学生は多くの人がやっていると言われており、その具体的なやり方は前田祐二さんの『メモの魔力』でお話してます

 

www.libertatis-imagine.com

 

僕自身主観的にみた自分の姿と、客観的に(世間)から見られてる自分は大きく違うことを転職活動を始めてから知ることができました。

 

つまり転職市場で自分はどのくらいの価値があるのか?知ることは、どこのフィールドで自分が最も活躍できるのか知ることと同じことなんです。

 

あなたの価値を決めるのはあなたではなく転職市場にある企業です。

 

しかし専門学校を卒業している場合、就職活動をした経験がないと思います。

 

僕自身なにもかも初めての経験の連続で、ここだけの話、不安になったりしたこともありました。

 

大学生が行うような就活をしたことがないので、具体的に『どんな就職活動をしたら良いのか』わかりませんよね。

 

僕は真っ新な頭で、転職活動を何から手をつけて良いのかわかりませんでした。

 

理由は就職を決めたのは就職までレールが引かれていたので、就活を経験したことがなかったからなんです。

www.libertatis-imagine.com

 

そこで、転職を始めるのに何もわからない僕がネットで調べた時に見つけたサービスが、転職の全てをサポートしてくれる転職エージェントというものです。

 

転職エージェントサービス

 

転職エージェントはあなたに代わって企業との交渉や面接の申し込みまで、企業に内定をもらい入社するまであなたの転職を全てサポートしてくれます。しかも無料で!

 

そこで僕は3社の転職エージェントに登録しました。(1社断られました笑

www.libertatis-imagine.com

 

複数のエージェントに申し込む理由は、1社(1人)のエージェントからの情報を鵜呑みにすることなく、複数のエージェントの意見(考え)を参考にすることで転職活動に活かせる為です。

 

エージェントにはあなたが転職市場からどう見られているのか?客観的な視点でプロの目線から指導してもらい、転職活動の参考にすることができました。

 

何もわからない僕に1から丁寧に転職活動というものを教えてくださいました。

 

転職活動に登録した4つのエージェントは上から使いやすい順に並べてみました。

 

DODA(対応が良い)(LINEでメッセージができる)(専門卒に優しい)

DODAは転職開始直後に登録した企業です、この中で対応が最も早かったです。

エージェントとは電話面談後、対話面談は一週間後すぐに東京駅付近で行いました。

求人数が多く、サイトの使い方も初心者でもわかりやすかったです。

WEBサイトが最も使いやすく、エージェントとLINEでのメッセージが基本になります。

転職ならdodaエージェントサービス

 

リクルート(電話対応が基本)(求人数が多い)(サイトが使いにくい)

リクルートは複数のwebサービスを運営しており、エージェントサービスも行なっているので求人数の内容はもちろん対応も非常に良かったです。

エージェントと対話面談を行なってませんが、都内だと立川駅で行うことができます。

DODAリクルートをまずは登録、2社のエージェントの違いから使いやすい方を選び、ベースとなるエージェントにすると軸を決めましょう。

リクルートエージェント

 

マイナビ(断られた)(サイトで完結できない)(求人媒体がIT向け)

転職でもマイナビバイトように名高いマイナビエージェントにも登録しましたが、一度断られてしまいました笑

その後マイナビ側から逆オファーがありましたが、何人かの転職者も断られているようです。個人的に専門卒には向かない求人が多いイメージがあります。

大手・有名企業、首都圏のIT・営業職求人が豊富≪マイナビエージェント≫

 

④UZUZ(基本サポートが対面)(サイトで完結できない)(初心者に手厚い)

第二新卒に強いというUZUZは、初心者のサポートが手厚い転職エージェントでした。

事務所は各地にありますが、リアルでの面談がサポートの基本になります。

つまり、サイトで求人に応募したり、検索したりすることができないので、都度エージェントの元を訪れなければなりません。

その代わり、サポートが手厚く最も親身な関係性でした、不安な面接練習も無料で何回も行なってもらうことができました!

10~20代の第二新卒・既卒に特化した就職サポート

  

エージェントはあくまでサポートです。あなたの意見や考えはしっかり持ち転職活動を行なってください。

 

専門卒でも他者と差別化し、転職市場で価値を最大化することができれば、望んだキャリアチェンジをすることが必ずできます。

 

その為に1人で悩まず、転職のプロ(エージェント)を利用し、あなたが目指すべき夢や目標に向かって『何かを学び』ながら目指してください。

 

ネットからも簡単にあなたの市場価値を図ってくれるサービスがあるので、まずは気軽にあなたの市場価値と今日の転職市場を知ることから始めてください。

 

 

 

関連記事はコチラ 

www.libertatis-imagine.com

www.libertatis-imagine.com

www.libertatis-imagine.com